大会後記

第15回埼玉オープンゴルフ選手権大会 大会を振り返る 後記

埼玉県ゴルフ愛好家の皆様

 

埼玉県プロゴルフ会ファンの皆様

 

15回 埼玉オープンゴルフ選手権大会

≪ ご 報 告 及 び 大 会 後 記 ≫

 

拝啓 時下益々ご清栄ののこととお喜びを申し上げます。平素より当プロゴルフ会へのご協力、ご支援を賜わり厚く御礼及び感謝を申し上げます。

 さて、表記の大会を去る72()3()の両日、狭山市の“狭山ゴルフ・クラブ”にて、埼玉県プロゴルフ会主催により開催されました。参加選手は大会前日までは168名でしたが、当日は165名が元気にティオフ!2018年度の埼玉No1ゴルッファー目指して、2日間の熱い戦いが始まりました。大会会場の狭山ゴルフ・クラブはご存知の通り2年前に、日本オープンゴルフ選手権が開催された名実ともに名門コースです。我々スタッフも開催前から、かなりのプレッシャーがあり、名門の名を汚さぬよう運営に全力を尽くして行こうと、スタッフ全員大会へ望みました。

 大会会場のコンデイションは素晴らしく、先の日本オープンと同仕上げしていると聞き、県内外の全選手が果たして、どこまでスコアを伸ばせるかと期待して初日を見守っていました。ホールアウト後、アテスト済ませた選手のスコアは、大きなアンダーパーの選手はいないものの、トップは-3にシニアの秋葉真一、三木龍馬がこのままトップタイと思いきや、最終前の組の桜井將大がー5で初日をリードしました。今大会は、賞典としてスポンサー様からの要望もあり、東コースNO1ホールにて、全選手参加のドラコン大会を実施、15万円のボーナスに選手も力が入る中、森実佐樹が323ヤードのビックドライブで飛ばし屋NO1となりました。また、今大会からスタート選手の紹介アナウンスをはじめました。アナウンスは埼玉県ゴルフ協会理事長、前田様の紹介を受け、プロアナウンサーの紹介に大いに盛り上がりました。選手の評判も上々、来年以降も続けて行きます。

 さて、2日目の決勝日はプロ、研修生の部上位62名、ST75カット、アマチュアは上位30名。ST84カット、及び決勝日にジュニア7名の合わせ計99名による決勝日となりました。

 さて、注目の決勝日も早朝からの蒸し暑さのなか、選手はそれぞれスタートして行きましたが、午前中のスコアも予想よりロースコアと伸びず、暑さとの闘い、そして集中切らせずに自身のプレーが出来る選手が上位に絡んでくるものと、予想はしていましたが。さて、優勝スコアを予想しているさなか、伊丹健二が4、計139STで一気にトップに立ち、一瞬沸かせましたが、前日+1からこの日は6、計138STで、髙橋 勝がホールアウト、前日首位の桜井將大次第と待機の状況から注目のスコア提出、この日は+1、計138STでホールアウトしました。結果2年ぶりの大会プレーオフが決まりました。緊張感漂う中、そままま、休まずに、プレーオフホール移動、コイントス後、最初のパー5で髙橋選手がテイ―ショットを左林帯へ曲げ、パーパットも決まらずあえなく決着、手堅くパーで収めた桜井將大(霞ヶ関カンツリー倶楽部所属)が初優勝を飾りました。おめでとうございます。

優勝のスピーチでは、『最高のコース舞台でコツコツやってきた練習の成果を発揮できた。また、プレーオフという経験もして良かった!今後も練習を積んで、チャレンジツアーで頑張りたい』また狭山ゴルフクラブ様への感謝も表し素晴らしい挨拶でした。

尚、ベストアマチュアには、北村征大(明治大学)選手が計141ST4位タイの成績で見事1位となりました。今回は多くのアマチュア選手が参加できるよう、予選会の実施や、各ゴルフ関連団体から選手を選抜していただき、60名の参加枠を設けました。当日大会へは、57名でした。やはり県下のゴルフ発展、ゴルフの普及、活性化にはアマチュアの選手の参加活躍が無くてはなりません。次回大会からも、県内外の多くのアマチュアゴルフファーに参加をしていただき、埼玉県内のゴルフ界を盛り上げ、活性化に協力、またプロとアマチュア、ジュニアの交流、県下のゴルフレベルの向上、ゴルフ普及、発展に貢献をして行きたいと埼玉県プロゴルフ会一同で頑張って参ります。

 大会が無事終了しましたが、狭山ゴルフ・クラブの綱島支配人をはじめ、マスター室の髙橋プロ、野口Cマスター、Gキーパー様、皆様、猛暑の中での素晴らしいコースコンデイションのご提供、運営や設営、無理難題な要望にも快く対応していただき、誠にありがとうございました。参加選手、埼玉県プロゴルフ会を代表しまして、心から感謝と御礼を申し上げます。

 来年度の第16回埼玉オープンゴルフ選手権大会は、東松山カントリークラブにて開催する予定です。本年度と同様に、皆様へは大会へのご協力と大会運営や選手の賞金のご協賛を賜りたく、勝手ながら何卒よろしくお願い申し上げます。

 最後になりますが、埼玉県下のゴルフ団体、ゴルフ関連施設、ゴルフ愛好家の皆様の益々のご健勝と発展を祈念しまして、第15回埼玉オープンゴルフ選手権大会の大会報告とさせていただきます。

 

 敬具

 

307月吉日

埼玉県プロゴルフ会

 

会 長 髙 橋 卓 三

第14回埼玉オープンゴルフ選手権大会 大会を振り返る 後記

埼玉県ゴルフ愛好家の皆様

埼玉県プロゴルフ会ファンの皆様

14回埼玉オープンゴルフ選手権大会

< 大会を振り返る 後記 > 

拝啓 時下ますますご清栄のことと、お喜びを申し上げます。平素より当埼玉プロゴルフ会へ何かと、ご協力ご支援を賜り誠にありがとうございます。心より厚く感謝を申上げます。

 さて、表記の大会は、平成2974()に、日高カントリークラブにて無事に開催することが出来ました。ご報告を申し上げます。

 この大会を成功お及び成立させるために、ゴルフ関連各会社様、ゴルフ関連団体様、企業各社様、ゴルフ愛好家の皆様など、多方面に渡り、ご支援及びご協賛を賜りました。誠にありがとうございました。また、何と言っても、㈱日高カントリークラブの代表取締役社長髙橋正孝様をはじめ松本支配人やスタッフ各位には、大変お世話になりました。埼玉プロ会会員を代表しまして、合わせて厚く御礼を申し上げます。

 さて、今大会は、シニアツアーの日程と開催が重なり、止む無く1日の18HS’プレイに短縮しました。各方面より多くのご意見をいただきました。今後の運営にぜひ生かしていく覚悟であります。第14回埼玉オープンゴルフ選手権大会はやや薄曇りの、蒸し暑い天候の中で熱い戦いが繰り広げられました。当日は185人のエントリーした選手が一同に会し、本年度の埼玉県下NO1を決めるのは誰だ!? 早朝7時からティオフに日高CC全体が一気にヒートアップ、興奮と感動を多くのギャラリーが見守る中、この日の為に猛練習を積んだ選手一同が、各々ティショットを放って行きました。埼玉オープンは、プロ、シニアプロアマ、研修生、アマチュア、ジュニア(小、中、高校生)の同組混成ドローでプレーします。

根底には、県下のプロアマ交流、ジュニアの育成、レベルアップ、ゴルフ人口増と普及が目的です。さて、肝心な競技の行方や今大会の目玉である招待選手の「室田 淳」プロの経過が気になるところです。前半を終わり、続々と選手が上がってくる中では、高根CCの伊丹健二プロ、シニアの清水洋一プロがー4でトップ、他アンダースコアが多く、混戦が予想されました。さて、熱戦も終盤、レギュラーツアーでも活躍中の鈴木一徳プロはじめ2名が ー5のスコアでホールアウト!一昨年に引き続きプレーオフか?準備もいそいそ始めたころ、「66」がでました、競技委員の一声に一気に拍手が巻き起こりました。そこにアテスト場に現れたのは、「髙橋正博プロ」でした。やりました!あちこちからおめでとう!の掛け声でした。一昨年頃から、練習時間を増やし充実した自分のゴルフを追及しています。と訪問する度に活き活き語っていたのが、印象に残っています。

 埼玉プロ会はシニアの部が元気です。秋葉真一、久保勝美、清水洋一、福澤義光の各プロが、PGAシニア大会で活躍しているのは、ご存じの通り、本当に頑張っています。髙橋正博プロはこれで先程のプロの仲間入りすることを期待!、シニアーツアーに早くデビューして頑張って行ってほしいものです。

 来る、次年度の第15回大会詳細はまだ決まっていませんが、本年同様に大会を盛り上げて、県下のゴルフ活性化、ゴルフの楽しさ、誰でも、いつでも出来る、覚えられるゴルフ普及に、我々プロ会会員も貢献をして行きたいと、また改めて再確認いたしました。

来年に向けて、新しい気持ちで次の大会開催を成功させるべく、取り組んでいきます。今後とも、より一層のご支援ご協賛を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

 

平成29年7月5日

プロゴルフ会 長 

第13回埼玉オープンゴルフ選手権大会 大会を振り返る 後記

埼玉県プロゴルフ会

ファンの皆様 ゴルフ愛好家の皆様

 

13 埼玉オープンゴルフ選手権のご報告

ご協賛 ご協力の御礼

 

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶びを申し上げます。平素より当プロ会の運営及びご支援を賜り誠にありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

さて、表記の第13 埼玉オープンゴルフ選手権が、627()28()の両日、

鳩山カントリークラブにて開催され、無事終了しました。ご報告いたします。

 

参加選手は、県内に在勤在住のPGA会員(TP TCP)で埼玉県プロゴルフ会に入会している会員、県下ゴルフ場の支配人会研修生。また県下のアマチュア、埼玉県高校ゴルフ連盟ゴルフ部に所属しているジュニア(高校生)、他中学生や小学生まで技量上位のゴルファーがこの年に1度の選手権大会に集合して、県下のそれぞれのNO,1を目指しました。総勢169人が初日の予選に出場、上位65位タイカットの厳しい振るい落としを通過した選手計89人により、翌日決勝を迎えました。初日の天候は晴れ、決勝日は小雨の降る中の戦いでした。

 

 初日はマチュアの勝俣 陵(日大3)がいきなり65(—7)のビックスコアで飛び出し、-6にシニアの久保勝美、-5に三木龍馬、菅間隆夫が追随しました。決勝日は夜明けからのシトシト雨が降り、足場軟弱なコースに、距離も長くなりピン位置も起伏のあるエリアに切られ、選手も苦しんでいた様子。

そのコンデイションの中、アマチュアの勝俣が前場+1と後退も、後場に—3と仕掛けスコアをさらに伸ばし、トータル135ST—9アンダー)で見事優勝を飾りました。注目プロの追い上げ、逆転が期待されましたが、全員が残念ながらスコアメイクがうまく噛み合わず伸ばせない中、三木龍馬が通算—5と手堅くまとめ1位を決めました。(敬称略)

 

昨年に引き続き、アマチュアが優勝との結果に、参加プロゴルファの皆さんに反省と奮起が期待されます。最近の女子アマチュア界でも、レベルアップが更に進み、トーナメントを席巻している感があります。後々から続くセンスの優れた選手がゴルフ界のレベルアップや勝者弱敗のプロ原理を確実なものとしています。ツアープロとなった以上は、試合に出て賞金を得て、生活の糧としていくのは宿命でしょう。プロ会の皆さんには、更に練習を重ね高見を目指し、来年の埼玉オープン覇者達成を希望します。今後も埼玉オープンで活躍、精進していただき、レギュラーツアー、シニアツアーのシード選手として大成していただくことを祈念して挨拶及び報告とさせていただきます。        

尚、賞金の一部から15万円を、熊本県地震被災者救済に公益社団法人 日本プロゴルフ協会を通して、寄金させていただきました。ご報告いたします。

最後になりましたが、素晴らしいコースコンデイションのご提供、ギャラリー対応と大会運営や準備に向けて、行き届いたご尽力と暖かいご協力を賜りました、代表の犬養理事長様、真下社長様をはじめ従業員各位の皆さま 誠にありがとうございました。埼玉県プロゴルフ会、参加選手を代表しまして 重ねて厚く御礼を申し上げます。 

                                                                       以上

(後記 髙橋)

13 埼玉オープンゴルフ選手権大会のお礼

ご協力、ご協賛賜り 誠に ありがとうございました

 

ご協賛関連団体】 埼玉県ゴルフ連盟 埼玉県ゴルフ場事務連絡協議会 埼玉県ゴルフ協会 埼玉県ゴルフ練習場連盟 埼玉県プロ会研修会 埼玉県高校ゴルフ連盟 PGA 

【ご協賛各社一覧】 東漸寺幼稚園 霞ヶ関カンツリー倶楽部 狭山ゴルフクラブ アーリーバードゴルフクラブ ゴルフパル大宮 ㈱ナカザワ ㈱グラファイトデザイン ()丸樋  東京ラスク  関東ゴルフ練習場連盟 ㈱櫻井印刷 ㈱カゴハラゴルフ 飯能ゴルフクラブ 越生ゴルフクラブ ()飯村設備工業 白岡スポーツセンター 新富ゴルフプラザ 日高カントリー倶楽部 大宮ゴルフコース 小手指グリーンゴルフ リバーサイドゴルフ練習場  日高ゴルフレインジ 鳩山カントリークラブ  武蔵カントリークラブ 高坂カントリークラブ 嵐山カントリークラブ 小川カントリークラブ 東京ゴルフ倶楽部 東松山カントリークラブ 川越カントリークラブ 森林公園ゴルフ倶楽部 美里ゴルフ倶楽部 美里ロイヤルゴルフクラブ 高根カントリー倶楽部 石坂ゴルフ倶楽部 鴻巣カントリークラブ 武蔵松山カントリークラブ 清澄ゴルフ倶楽部 平成倶楽部 熊谷ゴルフクラブ アドニス小川カントリー倶楽部 武蔵OGMゴルフ倶楽部 OGMゴルフプラザ伊奈 富士ゴルフリンクス ケーデイスポーツ 川口グリーンゴルフ デイヒルズゴルフプラザ 霞ゴルフプラザ 上尾ゴルフリンクス 三兄ゴルフ 宮前ゴルフセンター 西大宮ゴルフガーデン 西上尾ゴルフガーデン 岩槻オルゴゴルフガーデン エール学院 堀兼ゴルフセンター パロットゴルフ 和光バーデイゴルフ 

 

           

敬称略 

メール登録

お知らせをご希望される方は登録をお願いします。

※ただし、埼玉県プロゴルフ会会員に限ります。

メモ: * は入力必須項目です

入会希望者問い合わせ

入会をご希望される方はこちらへメールをお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

※携帯・スマホで登録をご希望の方で、指定受信の設定をされている方は、@saitamaprogolf.jpのアドレスを受信でるよう設定してください。この設定がされていないとメールが届かない場合がございます。

お問い合わせ

お問合わせはこちらから

 

事務局 

〒350-1175

川越市笠幡162-1

霞ゴルフプラザ内

埼玉県プロゴルフ会

会長 髙橋卓三